結婚式を夏にするお得な理由!プラン選びのポイント

冠婚葬祭
この記事は約4分で読めます。

結婚式は一生に一度の大イベントです。
二人の一生の思い出を作るために、
何か月も前から計画を念入りにたて準備をしますが
どうしても予算の関係で調整が必要となります。

なんとか予算内で思い通りの結婚式をあげるために
節約できる方法はないのかと気になるところでしょう。

結婚式をあげたい会場は決まったけど、予算内でどこまでのイベントが出来るのか?
と考えているカップルに朗報です

実は、結婚式をお得に行うのには夏のシーズンが最高なんですよ!

結婚式を夏のプランにするとなぜ安い?会場はどんな感じ?

結婚式場の料金は四季や六輝(六曜:先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)によって
大きく変動します。

料金が高くなる人気の時期

・雨の回数が少なくて連休もある5
・ジューンブライドが叶う
6
・晴れの日が多くて天候が良い
10月~11
・涼しくて過ごしやすい春と秋です。

料金が安くなるオフシーズンの時期

・真冬の12月~2
・真夏の
7月~8

この時期は、結婚式場にとってオフシーズンになります。

このことから、夏のプランは式場代が安くなる傾向にあります。
結婚式の費用を抑えるには、この時期は狙い目です。

中でも、7月・8月は1年の中でも費用が一番安い時期で、
お盆や、夏休みがある
78月は夏の暑さが厳しく、
長期休暇を取る方が多い季節なので、
この時期の結婚式は希望の日程で予約しやすいところも魅力です。

また、真夏限定のお得プランを用意している会場があって、
1年の中でもリーズナブルな結婚式が叶う月なのです。

涼しくなった夜からのナイトウエディングができるのも
夏の結婚式ならではの、楽しいみのひとつです。

●7月~8月はオフシーズンになるので式場代が安くなります。
●涼しくなった夜からのナイトウエディングができるのは夏ならではの楽しみです。

 

結婚式を夏にしたら平均費用はいくら?節約はできる!?

結婚式の挙式・披露宴の全国平均値は324.6万円です。

ですが、結婚式を安い時期にすることで、人気の時期に比べて
100万円以上安くなる場合があります。

なぜこんなにも安くなるのかというと、
季節柄、汗をかくことでストレスがかかることや
天候が理由で希望の演出ができないケースがあるからです。

このような心配のある時期は、なかなか結婚式をあげる人は集まりにくいと言えます。

とは言え、日本は地域によって編んだんの差が激しいため、
プランの価格が下がる時期は地域によって異なります。

念のため、希望する結婚式場に相談されることをオススメします。

夏の結婚式をさらにお得に行うテクニック

プラン料金がお得な時期に結婚式の予約が取れたら、
結婚式の節約術を取り入れて、さらにお得に企画していきましょう。

結婚式の節約術

アイテムの持ち込みでコストカット

結婚式の節約術の1つ目に、ウエディングアイテムを持ち込むという方法があります。

これは、結婚式に必要なものをネットやお店で探して自分で購入したり、
自分で手作りしたものを当日会場に持ち込み、使用することです。

例えば、ブーケ・ウェルカムボード・映像関係などは専門店が充実していますので
そこで注文したり、自分が手作りすることで費用を節約することできます。

最近は節約というよりも、結婚式にこだわりカップルが、
招待状や席札、アクセサリーやウエディングドレスまで手作りする
という方も増えています。

しかし、結婚式方やアイテムによっては持ち込みができないものがあったり、
持ち込みするには別料金が必要な会場もありますので
事前に確認をしておきましょう。

結婚式を日曜や祝日に行う

結婚式のシーズンを気にしないでお得に挙げる方法もあります。

それは、結婚式の日程を土曜日ではなく、日曜や祝日を選びます。
最近では、会社の仕事は土日連休の方が多いので、
結婚式の日取りは翌日が休みの土曜日に人気があります。

 

シーズンオフは平均の式場代よりも100万円以上安くなることがあります。
アイテムの持ち込みでコストをカットできます。
結婚式の日取りは翌日が休みの土曜日が大人気です。

 

結婚式を夏のプランにする まとめ

結婚式は一生に一度の大きなイベントです。
一生の思い出になるように何か月も前から念入りにプランを立てますが、
プランを立てていく内に、どんどんと費用がかかることが発覚してきます。

「一生に一度だから奮発しよう!」とは言っても、
数百万円単位での結婚式の予算は相当な出費になります。

少しでも節約しようと考え、節約をしすぎて
逆に質素になってしまうのも考えものですよね。

せっかくの一生に一度の思い出が陳腐なものにならないように、
パートナーと念入りに相談して上手に節約術を取り入れて下さいね。