Tシャツが黄色く変色した!なぜ?原因と黄ばみの落とし方を解説!

生活
この記事は約4分で読めます。

お気に入りのTシャツをいざ着ようとした時
「あれ、なんか黄ばんでる?!
とショックを受けた経験はありませんか?

買った時はキレイな白だったのに、よく見ると黄ばんでる!
この深い黒が気に入ってたのに、なんだか黄色っぽい!

というふうに、黄色く変色したTシャツを見て
ガックリしたことが、私はなんどもあります(泣)

Tシャツはシルエットがシンプルなだけに、
色味が変わってしまうと
一気にオシャレ度が下がってしまいますよね。

その上、貧乏くさいしダサッ
と見られてしまう危険性もあります。

そんな風に思われないためにも
Tシャツの黄ばみの原因を解明し
黄ばみの落とし方と対策をご紹介します!

 

白いTシャツの黄ばみの原因と落とし方

白いTシャツが黄ばみやすいのは、
主に「袖」「脇」「襟元」あたりです。

そもそも、衣類の黄ばみの原因は、繊維の奥に染み込んだ皮脂

自分の皮脂が空気に触れて酸化すると、
いや〜な黄ばみになってしまうのです。

リンゴを切ってほったらかしにしておくと
どんどん茶色く変色してきますよね。

Tシャツの黄ばみも、まさにそんなイメージです。

Tシャツの黄ばみは、
自分の皮脂が酸化することで起こるのですが、
Tシャツを空気に触れずにいることはなかなか難しい話です。

そのため、普段の洗濯でしっかりと皮脂よごれを落とすことが重要です。

「じゃあ、すでに黄ばんでしまったTシャツは白くならないの?」
と思った方も安心してください!

洗濯するときに、衣類用漂白剤を使えば、
しっかりと白さが蘇ります!

衣類用漂白剤をぬるま湯に溶かし、
そこに白いTシャツを数時間つけ置きしましょう。

その際には、用量用法はパッケージ裏の
注意事項をしっかり読んでください
ね。

Tシャツのタグに書いてある
洗濯絵表示のマークをチェックすることもお忘れなく

漂白剤が多かったり、つけおき時間が長かったりすると、
Tシャツの生地を傷める恐れがあります。

特に、襟元の黄ばみが目立つところには、
黄ばみ取り用の洗剤を塗りつけるとより効果的です。

もし、黄ばみ取り用の洗剤がなければ、
食器洗い用の中性洗剤(濃縮タイプ)を塗りつけでも代用できますよ。

ここまでの手順を踏んでから
普通に洗濯をすれば、黄ばんだTシャツの白さが戻ってきます。

白いTシャツの黄ばみ対策

すでに黄ばんでしまったTシャツを白くもどす方法は紹介しましたが、
そもそも黄ばまないように対策ができれば、もっとラクですよね!

なによりも「黄ばんでる…」とショックを受けずに済みます。

しかし、白のTシャツを黄ばまないように対策するのも
やはり、しっかりと洗濯するに限るのです。

「当たり前じゃん!」とあなたは思ったかもしれませんが、
週に数回、まとめて洗濯するという方は要注意です!

黄ばみの原因は「皮脂」と「酸化」ですので、
1度着て汚れたTシャツは、さっさと洗濯しましょう!

面倒でも、そのほうがお気に入りのTシャツを
キレイなままキープできますし、オシャレさもアップしますよ。

そして、洗濯機で洗濯した後は
しっかりと太陽光に当てて乾かすということも重要です。

太陽光に含まれる紫外線には、漂白作用があります

忙しいからといって洗濯乾燥や浴室乾燥は使わずに、
できるだけ太陽光を利用しましょう。

 

黒色系のTシャツの色褪せの原因と対策

さて、ここまでは白いTシャツの黄ばみについて紹介してきましたが、
黒色系や濃色系のTシャツも着続けていると黄ばんできます。

黄ばみというよりも色褪せが正しい表現ですね。

濃い色のTシャツによく見られるこの色褪せは、
白いTシャツと違って肩周りに多く見られます。

これは、太陽光による色褪せが原因であることがほとんどです。

先ほど「太陽光に含まれる紫外線には漂白作用がある」と紹介しましたが、
これは白いTシャツに限らず、すべての色に当てはまります。

なので、濃い色のシャツが太陽光を受け続けると色が褪せてしまい、
黒色や紺色のTシャツの肩周りが黄色っぽく見えるのです。

なので、黒色や紺色の濃い色のTシャツは日陰干しが鉄則で、
浴室乾燥も有効です。

残念ながら、色あせてしまった黒色や紺色の濃い色のTシャツは
一度色褪せてしまうと色目の復活は難しいです。

 

まとめ

Tシャツの黄ばみの原因と対策を紹介しました。
白いTシャツと黒色系のTシャツでは、原因と対策が異なるので
しっかりと使い分けてくださいね。

少し手間がかかりますが、オシャレは我慢です(笑)
夏の暑さが本格的に到来!
お気に入りのオシャレなTシャツを着て
夏のファッションを楽しみましょう!