猫の抜け毛が多い時の対策は?シャンプーとブラッシングが効果大!

ペット
この記事は約10分で読めます。

猫を飼っていると、
気になるのが抜け毛ですよね。

かわいい愛猫の毛とはいえ、
服に大量の猫の抜け毛がついていると
お出かけの前には、コロコロで
抜け毛とりをしないといけません。

毎回毎回、
とっても面倒くさくないですか?

きれいに取ったはずなのに、
いつの間にか洋服についている大量の猫毛。

実は、猫の抜け毛のお掃除を
ラクにできる方法があるんですよ。

猫の抜け毛はなぜ起こるのか?

その原因や抜け毛を減らす対処法を
ご紹介しますね。

猫の抜け毛の原因とは?

猫の抜け毛が多いのは、
何に原因があるのでしょうか?

猫の毛質や体質によってそれぞれ違いますが、
猫の抜け毛の原因は大きく分けて4つあります。

 換毛期

春の換毛期

猫は、春と秋に換毛期があります。

換毛期とは簡単に言うと
毛が生えかわる時期のことです。

春と秋に抜け毛が多くなるのは
ほとんど換毛期が原因といえます。

春の換毛期では、
暑い夏を乗り切るために
少し硬めの夏毛へと生えかわります。

夏毛は、毛の生える密度が低く
通気性がいいため、
熱がこもらないようになっています

 

秋の換毛期

反対に秋の換毛期では、
寒い冬を越すため
冬毛へと生えかわります。

冬毛は、細くて毛の生える密度が高いため、
体温を外に逃がさず、保温効果があります。

そのため、抜け毛の多い換毛期は
毎日、ブラッシングしてあげることを
おすすめ
します。

ブラッシングをしないと
猫が毛づくろいのときに
体についている抜け毛を飲み込んでしまい、
毛玉として吐き出してしまいます

また、年老いた猫の場合は、
吐き出すことができずに
毛球症」という状態に陥るケースも。

毛球症になると、食欲不振や
便秘を引き起こす可能性があります。

あなたの大切な家族の一員でもある
猫ちゃんの健康を守るためにも、
換毛期には積極的に
ブラッシングをしてあげてくださいね。

 

完全室内飼いの猫は1年中抜け毛が多いことも

ず〜っとお家の中で過ごしている
完全室内飼いの猫の場合、
気候の変化に疎くなり
1年中抜け毛が多い場合があります。

もし一年中抜け毛が目立つ場合には、
部屋の窓をまめに開けるようにして
猫に四季を感じさせてあげる事も大切です。

 

ブラッシング不足

実はあまり知られていないのですが、
日頃からブラッシングをしないと
抜ける毛の量が多くなってしまいます。

ブラッシングをたくさんしてあげる方が
抜け毛が少なくなるというのは意外ですよね!

そのため、
短毛種の猫は1週間に2回程度、
長毛種の猫は1日に1~2回程度の
ブラッシングを心掛けましょう。

 

ストレス

猫はストレスによってハゲてしまったり、
自分で毛をむしったりすることがあります。

出来るだけ猫が
不安を感じない環境を作ってあげるなど、
安心させてあげる事が
抜け毛を減らすことにつながります

ストレスを減らすことが
愛猫の抜け毛を減らすことにつながるので、
猫の抜け毛で困ってしまったとしても
イライラせずに優しく接してあげてくださいね。

 

もしかして病気

脱毛症

脱毛症になってしまうと
部分的にハゲることが多いです。

部分的な脱毛や左右対称の脱毛は
病気のサイン
かもしれません。

ダニやノミなどの寄生虫が原因で
かゆくなり、掻きむしってしまうことで
毛が抜ける場合もあります。

 

アレルギー性皮膚炎

また、猫にも人間と同じように
食物アレルギーがあります。

食物アレルギーを持つ猫は
チーズやたんぱく質に対して
アレルギー反応を起こすことがあり、
皮膚炎を発症させます。

アレルギー性皮膚炎の症状は
主にかゆみです。

フケが多くでたり、
脱毛がみられることがあります。

 

もし、大切な家族の一員である愛猫ちゃんに
少しの異常でも見つかれば、
それは病気の前兆かもしれません。

あなたが気づいてあげる事で
病気を予防する事ができます。

小さな異常に気がついたら
すぐに病院に連れていってあげてくださいね。

 

 

猫の抜け毛対策の便利なおすすめグッズはコレ!

猫の脱毛の原因は大きく4つありましたが、
これらは発症する前から事前に対策することで、
病気を予防したり症状を軽くすることができます。

私と猫友がお気に入りの
猫の抜け毛対策に便利なおすすめグッズ
ご紹介しますね!

空気清浄機で吸い込む

こちらは遠くのホコリも吸い寄せて
室内を素早く浄化する機能を備えた
加湿空気清浄機です。

空気清浄機を使用すると
空気中にモワモワと舞う抜け毛が
ずいぶん減ります!

服やカーペットにつく猫の抜け毛を
減らすにはとても効果的ですよ。

猫の抜け毛が
空気清浄機本体にたまるので、
こまめに掃除してくださいね。

空気清浄機を使っても
猫の抜け毛を減らす
根本的な対策にはなりません。

でも、猫の毛が服に付いてイライラする
というあなたのストレスはかなり減ります。

愛猫ちゃんと飼い主が、
お互いに住みやすい環境を
手に入れることができます。

>>加湿空気清浄機の送料無料・最安値を見る

 

シャンプーをする

身体の汚れや毛を洗うことで
身体にたまっている抜けた毛を
流すことができます。

また、ダニやノミも一緒に流れていくため
シャンプーをしてあげるのは効果的です。

しかし、
猫は身体に自分のにおいがついていないと
ストレスがたまってしまいます。

そのため、シャンプーをしてあげる頻度は
年に1~2回がおすすめです。

毛の長い長毛種の猫は、ブラッシングで
汚れを取りきれないことがあるため
月1回くらいの頻度で
シャンプーしてあげるといいですね。

よく外に出る猫や毛玉の嘔吐が頻繁にある猫
体の汚れやにおいが気になる時は
多くても2か月に1回程度にしましょう。

また、シャンプーをするときは
耳に水が入らないように気をつけてください。

耳に水が入ってしまうと
耳に細菌が繁殖してしまい、
かゆみやにおいの原因につながります。

かわいい愛猫ちゃんのご機嫌を見て、
タイミングを見計らって
シャンプーしてあげてくださいね。

オススメのシャンプーは
アマゾン売れ筋ランキングNo.1のこちらです。

動物病院でも使われている薬用シャンプーで
猫の毛をしっかり殺菌して清潔してくれます。

飼い主さんの手荒れにも配慮した
お肌に優しい殺菌シャンプーを
ぜひ、お試しくださいね。

>>薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー送料無料&最安値をチェックする

 

ブラッシングする

猫の体にペットスプレーや水をつける

やは抜け毛対策の一番はブラッシングです。

ブラッシングをすることで
抜け毛の量も徐々に減っていきます。

ブラッシングに
バリカンを使うことも可能ですが、
バリカンはあくまで毛を刈るものですので
根本的な抜け毛対策にはなりません。

ブラッシングをする際は
愛猫の体にペットスプレーや水をつけるだけで
空気中に毛が舞いにくくなります。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

ブラッシングブラシの選び方

また、ブラッシングするにあたって
気になるのがブラシ選びです。

ブラシを選ぶ時のポイントは、
猫ちゃんに負担の少ないものを
選ぶことです。

私がオススメする負担の少ない
ブラッシンググッズはこちらです。

 

【Pecute ペット用ブラシカーブ型 Sサイズ】

長毛種の猫にはスリッカーブラシがおすすめです。
長毛種の猫だけでなく、抜け毛の量が多い
短毛種の猫にも使えます。

ブラシ部分がカーブしているため
猫の背中や首元にしっかりフィットし、
ムラなくブラッシングすることができます。

また、
ノミもしっかり取り除いてくれるので
寄生虫予防としても最適です。

サイズはSサイズ、Lサイズの2種類ありますので
愛猫ちゃんの体の大きさに合わせて
選んでくださいね。

スリッカーブラシ自体に重みがあるので
力をいれず、毛に軽く当てて動かすだけで
ごっそり抜け毛が取れます。

>>ペキュートカーブブラシ猫用 ピンクSサイズを詳しく見る

 

【ワタオカ ねこじゃすり】

老舗紙やすりメーカーが開発した商品です。
TVで紹介され、一気に認知度が上がりました。

ねこじゃすりは、短毛種の猫や
ブラッシングが苦手な猫におすすめです。

猫の舌を再現した作りとなっているため、
母親に毛づくろいされているような感覚になり、
ブラッシングを嫌がることが少ないです。

もちろん、長毛種の猫も
ねこじゃすりは気持ちいいはずなので
ぜひ使ってみてくださいね。

値段は高めですが、使ってあげると
猫が気持ちよさそうにしてくれるので
「買ってよかった」と思う一品です。

>>ねこじゃすりの送料無料・最安値をチェックする

 

 

【ファーミネーター】

値段は高めですがとても人気のある
抜け毛取り器で、使いやすさも最高です。

軽く猫の体の毛に通すだけでスチール刃が
短いトップコートの下にあるアンダーコートと
抜け毛をごっそり取ってくれます。

短毛種用と長毛種用に分かれており、
サイズもSサイズLサイズとあるので
飼っている猫ちゃんの体の大きさに
合ったものを選んでくださいね。

注意する点として、
ほんとうにごっそり取れるので
やりすぎて猫ちゃんがハゲないように
頻度は控えめにしましょう。

また、ブラシの先には
皮膚用のカバーがついていませんので、
猫ちゃんの様子をよく見て
皮膚を傷つけないように
力加減を調整してあげてくださいね。

>>ファーミネーターの送料無料&最安値をチェックする

 

【ペットグルーミンググローブ】

グルーミンググローブは
ブラッシングが苦手な猫ちゃんに最適です。

体を撫でるだけでブラッシングと
同様の効果があり、使いやすさも抜群。

私が飼っている猫ちゃんは
ブラッシングが大嫌いなのですが
試しにグルーミンググローブをつけて
なでなでしてみたところ…

なんと!!!

あの大がつくほど
ブラッシング嫌いなうちの猫ちゃんが、
素直にブラッシングさせてくれました。

ブラシを見た途端、
飛んで来たあの凶暴な猫パンチを
これからは受けなくていいのか( ´∀`)
と感動してしまいました。

両手セットと右手のみの販売もあります。

>>ペットグルーミンググローブの送料無料&最安値をチェックする 

 

抜け毛専用ワイドケトリゴム掃除機でラクラクおそうじ

ペットの抜け毛がついたソファーやカーペットは
コロコロでおそうじされている方が多いですよね。

普通の掃除機ではなかなか吸い取りきれない
細かい猫ちゃんの抜け毛ですが
床材に合わせてブラシが変更できる
掃除機が登場しました!

サイクロン式のコードレススティッククリーナー
AQUA AQC-HF500です。

 

 

この掃除機の最大の特徴は
お掃除したい床の素材に合わせて付け替えができる
「extraブラシ」です。

ブラシには、「起毛布」と「ワイドケトリゴム」の2種類があり
ペットの抜け毛を一網打尽に取り去ってくれるのが
ワイドケトリゴム」なんです!

掃除機は、コンパクトなスタイルの
ハンディモードで使うこともできます。

ペット用ノズルの「ミニケトリゴム」をつければ
カーペットやソファの生地にからみついた
ペットの抜け毛をかき取ってくれますよ。

バッテリー式サイクロンでコードレス仕様なので
思い立ったときにいつでも気軽に
お掃除ができるのがいいですね!

もちろん、ペットの抜け毛専用掃除機
というわけではないので
普段のフローリングや畳のお掃除にも
使えます。

>>AQUA コードレススティッククリーナー ベネチアンレッド AQC-HF500-…を詳しく見る

 

まとめ

・春、秋の抜け毛が多い換毛期はブラッシングをこまめにする
・部分的な脱毛は病気のサイン!気づいたときは即、病院へ
・年1~2回のシャンプーで猫の皮膚や毛を清潔に
・一番の抜け毛対策はブラッシングをすること

猫を飼っている以上、
どうしても多少の抜け毛はでてしまいますが、
抜け毛の量を減らすことはできます。

飼っている猫ちゃんによって
シャンプーやブラッシングの頻度はさまざまです。

大切なのはあなたが愛猫ちゃんの様子を見て
愛猫ちゃんのことを考えて
行動してあげることです。

でも、こうして愛猫ちゃんのことを考えて
このページで抜け毛の原因や対策について
調べているあなたならきっと大丈夫ですね!

大切な家族の一員である愛猫ちゃんのために、
愛情たっぷりのブラッシングをこまめにして
コミュニケーションをとってあげてください。

あまりにも熱心にブラッシングをしすぎて、
ほんとうにごっそり毛が抜けてしまい
愛猫ちゃんがハゲないように
気をつけてあげてくださいね!