徳島阿波踊りのスケジュール発表!オススメのアクセスと穴場を暴露!

イベント
この記事は約5分で読めます。

徳島阿波踊り最新情報2019!スケジュールとアクセスは?穴場は?

正調・「お囃子よしこの」唄(阿波踊りの歌)

ヤットサー!ヤットサー!
右足と同時に右手も自然と前に出るように!
左足と同時に左手も自然と前に出るように!

これは阿波踊りの基本です。

徳島阿波踊りの2019年の開催日程や最新情報をお届けします!

徳島阿波踊り最新情報2019!

開催期間は、次のように発表されています。
徳島阿波踊りの観光計画は早めに立てましょう。

2019812日(月曜日)~15日(木曜日)
選抜阿波おどり:あわぎんホール
有料演舞場:市役所前・藍場浜・紺屋町・南内町
無料演舞場:両国本町・新町橋・元町

2019811日(日曜日)
前夜祭:アスティとくしま
タレント、お笑い芸人、アスリート、文化人など、著名人が踊りてのゲストとして参加します。2019年の顔ぶれは、これから選ばれるようです。

 

徳島阿波踊りのスケジュール

2019年8月12日(月)~選抜阿波おどりのチケット販売

812日(月曜日)~15日(木曜日)の「選抜阿波おどり」は、有料イベントになります。

◆前売り
指定席:2000
自由席:1400

◆当日券
指定席:2200
自由席:1600

チケットの先行販売は、6月中旬あたりから。
全国一斉販売は、
71日からの予定。

阿波おどりチケットセンターで確認する

 

選抜阿波おどり」では、有名連による高度で洗練された阿波おどりを見ることができます。
タイムスケジュールは次の通りです。

111:00~(70分間)
213:30~(70分間)
316:00~(70分間)

 

2019年8月11日(日)選抜阿波おどり前夜祭

811日(日)、アスティとくしまで開催される「選抜阿波おどり前夜祭」は、次の通りです。

111:00~(80分間)
215:00~(80分間)
319:00~(80分間)

 

徳島阿波踊り!徳島市へのアクセスと穴場

徳島市へのアクセス

徳島市へのアクセスは、高速バス、飛行機、フェリーのルートを案内します。

高速バス

旅行会社の高速バスが多数あります!
海を渡るので、それだけでも旅をした気分になります。

ルート1:新神戸駅から「明石海峡大橋」と「大鳴門橋」で渡って、JR徳島駅まで。
ルート2:岡山駅から「瀬戸大橋」で渡って香川県を通過して、JR徳島駅まで。
ルート3:広島駅から「瀬戸大橋」で渡って香川県を通過して、JR徳島駅まで。

◆飛行機

飛行機を利用する人は、徳島あわおどり空港へ。
そこからJR徳島駅までは、バスで30分ほど。

フェリー

フェリーで徳島に行くには、3つの港からになります。

*東京有明港 ⇒ 徳島新ターミナル(沖洲)
*和歌山港 ⇒ 徳島港
*北九州新門司港 ⇒ 徳島新ターミナル(沖洲)

 

徳島阿波踊り穴場の観覧スポットを紹介!

https://twitter.com/papa339HIROKI/status/1029259185668542466

徳島阿波踊りには、まちかどの阿波おどり(特設ステージ・特設コース)、
おどり広場、有料演舞場、無料演舞場があります。
その各場所が観覧スポットになります。

まちかどの阿波おどり(特設ステージ・特設コース)

徳島の街中で、町内会や商店街等が運営する阿波おどりが見られます。

*銀座おどり広場
NHK徳島放送局「熱演!真昼の阿波おどり」

*そごう徳島店「阿波おどりライブ」
阿波おどりスペシャル アミコフェスタ

*よんでん阿波おどり広場
秋田町おどりロード(2018年より新設)

*おどり広場
おどり広場では、踊りの手ほどきを受けることができます。
積極的に踊りの輪に加わりましょう!

◆有料演舞場

有料演舞場は、4つの席に分類されます。
S席、A席、B席は指定席。C席は自由席。

◆前売り
S席:2000
A席:1800
B席:1600
C席:800

◆自由席
S席:2200
A席:2000
B席:1800
C席:1000

チケットの先行販売は、6月中旬あたりから。
全国一斉販売は、71日からの予定。

>阿波おどりチケットセンターで確認する

* 市役所前演舞場
徳島市役所前(東側)の演舞場はJR徳島駅から徒歩10分の場所にあります。
車いす専用の観覧席(有料)があります。
(車いす専用観覧席は車いす10台分)

 

* 藍場浜演舞場
新町川沿いの藍場浜公園内の演舞場はJR徳島駅から徒歩5分の場所にあります。
多くの露店も出店されます。

 

* 紺屋町演舞場
商店街と歓楽街に挟まれた通りに設置される演舞場で
JR徳島駅から徒歩15分の場所にあります。
通りには「阿波おどりからくり時計」があります。

 

* 南内町演舞場
映画「眉山」の舞台ともなった演舞場でJR徳島駅から徒歩12分の場所にあります。
踊りを真正面から見られる特別観覧席があり、
踊り子との距離が近いことがこの演舞場の最大の魅力です。

 

無料演舞場

* 両国本町演舞場
最長の170mの演舞場で、JR徳島駅から徒歩7分の場所にあります。
車イス専用の福祉コーナーがあります。

 

* 新町橋演舞場
新町川水際公園に近くの演舞場でJR徳島駅から徒歩7分の場所にあります。
新町橋は、阿波おどりの囃子「よしこの節」に出てくる橋です。

 

* 元町演舞場
全長58mの演舞場が2018年より復活しました。
にわか連の踊り込みも行われ、
JR徳島駅から徒歩3分の場所にあります。

 

阿波おどりは、期間中徳島県内の様々な場所で開催されています。

徳島の街中が阿波踊り一色に染まるこの夏の時期に
徳島の地元の人と一緒になって
ヤットサー!ヤットサー!と阿波踊りを楽しみましょう!