台風の被害を最小限に抑えるために家庭でできる対策

生活
この記事は約7分で読めます。

近年、異常気象の影響か、
台風による大規模な天災の被害が
日本各地で発生しています。

台風による家屋の被害を最小限に抑えるために、
一番気を付けたいのは、窓ガラスの破損です。

もし、台風で家の窓ガラスが割れると、
割れた窓ガラスの破片が家の中に飛び散り
怪我をする可能性があります。

また、割れた窓ガラスから吹き込む雨で、
床は水浸しになり
濡れた家電製品は
一瞬で使えなくなってしまいます。

そのような被害を被らないためにも、
窓ガラスが割れないように
しっかり対策することが大切です。

次の台風がやって来る前に
あなたの自宅の窓ガラスを
チェックしておきましょう。

 

台風で窓ガラスが割れないようにする方法

 

台風の雨風で家の窓ガラスが割れたら危ない事は
小さな子供でさえ想像ができるでしょう。

台風で窓ガラスが割れる原因は、
風力だけの問題ではありません。

風の力だけで窓ガラスが割れるとしたら、
窓ガラスの強度によりますが、
風速
30メートルくらいの威力が必要です。

風速30メートルとは、
木が根こそぎ引き抜かれるくらいの風です。

しかし、実際には
そこまで強い風が観測されていないのにも関わらず
窓ガラスが割れるという被害が起きています。

実は、窓ガラスが割れる原因のほとんどは
台風によって飛ばされた物が
窓ガラスに当たって割れるというケースです

 

網戸のメンテナンスを忘れない

そこで、役に立ってくれるのが網戸です。

通常、網戸は
2枚の窓ガラスの1枚分についています。

網戸が1枚、片側にだけでもついていれば
台風の風によって飛ばされた物が、
直接窓ガラスに当たることを防げるので

窓ガラスが割れる心配が軽減されます。

網戸の取り付けが、
ガタガタして不安定についている場合、
逆に台風の風で飛ばされたり、
網戸が外れて窓ガラスに当たる可能性があります。

網戸がきっちり取り付けられているかを
台風が来る前に確認して、
しっかりメンテナンスをしておきましょう。

 

シャッター・雨戸

最近の戸建ての家は、
外観にこだわった見た目重視で、
窓の外にシャッター雨戸
ついていないところが多いです。

ですが、台風が近づいて来たからといって、
急にシャッターや雨戸を
取り付けるのは難しいでしょう。

雨戸はリフォームで後づけすることが可能なので、
台風が近づくたびに不安を感じている人は
思い切って雨戸を取り付けてみてはいかがでしょうか?

雨戸は物理的に窓ガラスを覆ってくれるので、
雨戸を取り付けておけば、よほどの事がない限り、
窓が割れる事はありません。

>雨戸の取り付けを無料相談する

 

防風ネット

台風のためにリフォームにお金をかけられない…
という方におすすめなのは、防風ネットです。

アパートやマンションなど、
窓ガラスに雨戸がついていない住居は
園芸用の防風ネットで家の周りをぐるっと覆って、
物が飛んでくるのを防ぐことができます。

雨戸やシャッターに比べると
効果は低いかもしれませんが、
何もしないで窓ガラスをむき出しにしておくよりは
マシ
かもしれません。

↓↓↓災害対策用 防風ネット↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防風ネットを詳しく見る

 

窓ガラス自体の強度を上げる方法

 

次は、窓ガラス自体の強度を上げて、
窓ガラスに物が飛んで来て割れた時の被害を
最小限に抑える方法をお伝えします。

 

飛散防止フィルム

窓ガラスの強度を上げるためのアイテムとして、
飛散防止フィルムがあります。

飛散防止フィルムとは、地震や台風などの災害対策や
防犯対策として窓ガラスに貼るフィルム状のシートです。

飛散防止フィルムを貼ったからには、
窓ガラスは割れないとは言えませんが、
万が一、窓ガラスが割れた時に
破片が飛び散るのを防いだり

被害を最小限に抑えることができます。

 

↓↓↓災害対策用 飛散防止フィルム↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス飛散防止フィルムを詳しく見る

 

ガムテープ

全ての窓ガラスに飛散防止フィルムを
取り付けるのは手間がかかります。

その上、お金もかかりますので、
あまり手間もお金もかけたくないという人は
ガムテープで代用することができます。

窓ガラスの飛散防止に使うガムテープは
布ガムテープ養生テープがおすすめです。

普通の紙のガムテープだと、使用したあと剥がしにくく
剥がしたあとも粘着剤の跡が残ることがあります。

窓ガラスにガムテープを貼る場合、
窓ガラスの中央に「
×」に貼るだけでも良いですが、
ガラスの飛散防止と強化を狙うなら、
できるだけ全体に貼りましょう。

ガムテープを窓ガラス全体にしっかり貼ることで、
飛んで来たものが窓ガラスにあたり割れてしまっても
割れたガラスが飛び散ったり、
大きな穴が開いたりすることは防げます。

↓↓↓災害対策用 ガムテープ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

布テープを詳しく見る

 

ダンボール

窓ガラスにダンボールを貼りつける方法もあります。

ダンボールの貼り付け方はとても簡単で、
ダンボールを窓ガラスの枠に
ガムテープで貼り
付けていくだけです。

注意点としては、
ダンボールが重なる部分も
ガムテープでつないでおきます。

こうすることで、ガラスが割れた時に
破片の飛び散りを予防できます。

 

台風の被害にあった時のお助け業者はこちら

あなたの自宅が台風の被害にあったとき、
修理や交換をどこに頼んでよいか?
被害にあってから探すのは至難の技です。

万が一の時のために、
素早く対応して修理に駆けつけてくれる
お助け業者さんを探しておきましょう。

 

ガラスのトラブルなら【ガラス110番】

台風の大風でガラス窓が割れてしまったら、
その日のうちに元の状態に戻して生活したいですよね。

【ガラス110番】さんなら、
電話一本で自宅から最速で駆けつけてくれるスタッフを手配して
その場で作業内容や具体的な料金を提示してくれます。

土日、夜間も対応しているので、
急いで修理してほしい人は必須の業者さんと言えます。
作業日の時間指定をすることもできますよ。

>【ガラス110番】に無料見積もり依頼する

 

 

暮らしの中の「困った」を解決してくれる【生活110番】

毎日の暮らしの中で「困った」「どうしよう」を解決してくれる
専門業者を紹介してくれるのが生活110番さんです。

台風や地震による家屋の破損や雨漏り、蜂の巣退治など
さまざまな暮らしのトラブルを解決してくれる
専門業者さんを見つけることができます。

>【生活110番】に無料相談する 

 

屋根の修理なら【リペアルーフ】

リペアルーフさんは、
屋根瓦の修理のスペシャリストです。

●屋根がひび割れてしまった
●雨が降ると必ず雨漏りがする
●雨どいが壊れてしまった
●屋根を葺き替えたい

このような屋根にお困りの方の
お悩みを全て解決してくれますよ

相談・出張費・見積もりは無料。
24時間365日受け付けていますので
ぜひお問い合わせしてみてください。

>【リペアルーフ】に無料見積もりを依頼する

 

 

台風の被害を最小限に抑える方法 まとめ

台風対策はいろいろと考えられますが、
まず、
一番に注意しないといけないのは
窓ガラスです。

窓ガラスが割れてしまうと、
家中がメチャクチャになってしまいます。

部屋が雨風でずぶ濡れになり
家電製品が使えなくなることも。

ですが、台風が来る前にしっかりと備えていれば、
台風の被害を最小限に抑えることができます。

日ごろからメンテナンスできるところはして、
いざという時に焦ることなく行動ができるように
対策をしておきましょう。